昭和19年。戦争で亡くなった夫の兄との情事。浅倉麗

sennchi (1)

時は、終戦間近の昭和19年。戦争で亡くなってしまった夫の兄と情事を重ねる未亡人(浅倉麗)のヘンリー塚本監督のセックスストーリー。

sennchi (2)

戦争で死んでしまった弟の家を訪ねる兄。

sennchi (3)

弟の遺影に手を合わせる兄だったが、そこから、未亡人となった弟の嫁との情事が始まります。

sennchi (4)

弟の嫁も、自ら服を脱ぎ、、、この感じ、初めてではないですね。。。いつもの情事のようです。

sennchi (5)

嫁は夫が亡くなってからというもの、義理の兄と恋に落ちてしまったようです。

sennchi (6)

相当寂しかったんでしょうね。。。こんな状況になってしまった女性は、戦時中はたくさんいたことでしょう。。。戦争は多くの女性を泣かせてしまいます。

sennchi (7)

しかしながら、義理の兄の全身刺青が妙にエロティックですね。この男優さん、昔はよくヤクザ役で出演していた人ですね。

sennchi (8)

義理の兄との情事のあと、嫁は夫の遺影に謝るかのごとく手を合わせます。亡くなった夫は兄との関係はちょっと許せないはずです。。。

ちょっと悲しくも卑猥な昭和戦時中のヘンリー塚本監督作品です。


http://www.redtube.com/1343257