沙耶華:息子の嫁とラブラブになるお父さん。ヘンリー塚本

 

 

息子の夫婦は、向かいの団地に住んでいるのだが、息子の嫁(沙耶華)がどうも俺に気があるらしい。息子の嫁は美人で色気がる。。。

そんな息子夫婦のセックスはタンパクすぎて、嫁も欲求不満な様子だ。

sayaka-2

夫との味気ないセックスに飽き飽きしている嫁。

そんな嫁は、ベランダからこちらを見て、熱い視線と笑顔を送ってくる。。。

私(小沢徹)、昨年に嫁に先立たれ、男やもめ。。。54歳だが、まだまだ朝立ちもビンビンである。いつからら息子の嫁に恋をしてしまったようで、今日、想いを実行に移すのだ。

sayaka-3

息子が出勤した後、私は、息子夫婦の家に訪れた。今日、当たって砕けろで嫁に想いを伝えるのだ。

家を訪ねてみると、嫁の方から、「私を見る嫌らしい目つき。。。いやらしい事しにきたんでしょう?」と言われてしまう。

「俺の事どう思う?」と聞くと、嫁は、「お父様には何をされても平気。襲われてもいい。。。」と。。。

まさかの展開だった。そして、私は、夢にまで見た嫁との接吻。

そして、嫁は自ら布団をひき、相思相愛だった二人は禁断の扉を開けるのであった。

sayaka-5

若い嫁の白くて柔らかい肌。。。触れただけで逝ってしまいそうになるくらい気持ちがいい。

しかし、一番嬉しかったのは、息子の嫁を私を求めていた事だ。

sayaka-8

「舐めるぞ。」に、嫁は「お願い♡」。夫はしてくれないクンニに気持ヨガル嫁。そして、我慢できない私は、フェラチオも無しですぐに嫁の体に挿入した。

sayaka-7

自分の嫁が亡くなってから、久しぶりの女体。しかも若くて美人な息子の嫁。。。背徳感も交わり温かい肉壺ですぐに逝ってしまった。。。

sayaka-9

これが息子にバレたらどうなるんだろうか。。。そんな気持ちが心をよぎりながらも、一度で終われるはずはない。。。

息子には悪いと思っているが、これからも息子の嫁との関係は続くであろう。

 

■出演女優紹介sayaka

沙耶華(さやか)

1982年生まれ。2002年に「京乃あづさ(きょうの あづさ)」の名前でAVデビューした美人系のAV女優。2005年に現在の「沙耶華(さやか)」に改名して2009年からFAプロ(ヘンリー塚本)作品に出演。

sayaka

顔立ちは、波多野結衣似の美人系だが、身長167cm、スリーサイズ:B85(E-70)・W59・H85 というスレンダーなパーフェクトボディーの持ち主でもあります。

ヘンリー塚本作品では、ちょっとS気のある役がお似合いな感じがします。

sayaka-4