Aoi.(君島冴子):息子の嫁に悩まされる義父の毎日。ヘンリー塚本

最終更新日

 

5年前に妻に先立たれて男やもめとなった私(野上正義)は、息子夫婦と同居することになったのだが、、、息子の嫁(Aoi.)がまた美人で、わき毛も生やす色っぽい嫁なのだ。。。

そんな色っぽい嫁が来て、しかも毎日、息子(日比野達郎)と毎日やっており、喘ぎ声が聞こえてくる始末。。

aoi-1

朝一番から、息子と嫁はやりまくる。。。息子の気持ちは分からんでもない。。こんな卑猥な嫁だったら私も。。。そんな卑猥な嫁に悩まされる毎日なのである。。。

aoi-7

私は老けてしまったとはいえ、まだ「男」なのだ。息子の嫁を見る目が「女」を見る目に変わっていった。。。

aoi-3

息子が仕事に出ると、家には私と息子の嫁の2人きり。。。そんな毎日を過ごしているうちに、私は嫁のおまんこが見たい。と思いだした。。どんな色をしているか、、どんな形をしているのか。。。気になり出して、その衝動が我慢できなくなったのだ。掃除をしている後ろから覗いたりするも、もちろんパンティーを履いているので、おまんこは見えない。。。パンティーを見るだけでも興奮するのだが、それだけでは我慢できないのだ。

そして、私は、してはいけない事を決行してしまうのだ。。。

aoi-5

私は、「卑猥な嫁のおまんこが見たい。」という欲求に負け、秋葉原で小型カメラを購入し、トイレにカメラを仕掛けたのだった。。

aoi-6

息子の嫁がトイレに行くたび、押し入れに隠したモニターで嫁のおまんこを見る。。。

これが今の「生きがい」なのだ。。。

aoi-8

夜になると、また息子夫婦はセックスをする。卑猥な嫁の喘ぎ声が私の部屋までこだまのように聞こえてくる。。。最初は「おまんこが見たい。」という欲求だけだったのだが、次第に嫁とセックスしたいという欲求に変わってきたのだ。。。

aoi-9

これからどれくらい生きれるか分からないのだが、私は息子の嫁を抱くことを妄想しながら、残りの人生を暮らしていくのだ。。トイレでの盗撮はまだバレていないが、この禁断の行為がバレてしまったら、息子夫婦は家を出ていくことだろう。。。

 

■出演女優紹介

aoi

aoi

AOI.(君島冴子・村上葵)

1979年大阪生まれ。2004年にAoi.でAVデビュー。2007年にAV引退するも、同年に、君島冴子に改名して再デビューした。デビュー当時は、25歳でFAプロ(ヘンリー塚本監督)作品でも可愛い顔立ちから、娘役や、女子学生役で出演していたが、君島冴子に改名してからは、熟女系女優としての出演が多くなった。また、「わき毛」がシンボルのAV女優で、可愛い顔とのギャップもエロいです。

waki

小さい顔立ちなので、意外だが、身長は170cmと長身で、スリーサイズは、83(Cカップ) – 60 – 92 cm とスレンダー系のナイスバディーなのだ。

ヘンリー塚本監督作品では、レズプレイも多数披露しています。

aoi-4

http://share-videos.se/