円城ひとみ・魚住沙江:インポの夫を持つ母は息子とやる!他。ヘンリー塚本

最終更新日

 

ヘンリー塚本監督の「義理の息子との近親相姦」の2ストーリーです。

まずはインポの夫を持つ人妻が息子を使って性欲解消するというお話。

 

私(円城ひとみ)の夫は勃起不全。性欲の解消はいつも息子のまもるにやってもらっている。

enjyohitomi-2

やりたくなると、いつも息子の部屋に行って、夫と違い若くてビンビンの肉棒を私に入れてもらうのだ。息子にやってもらうことでセックスレスの夫婦関係は保てているのだ。

enjyohitomi-4

そんな毎日を送っているある日、息子とやっている最中に夫(森山龍二)が帰ってきてしまったのだ!!

enjyohitomi-5

夫にバレてしまい、ビンタされ、罵倒されるも、私はここぞとばかりに、「インポ野郎!!!」とお返しに罵倒するのだ!!「女だってたまにはやられたいのよ!!」と。。。

そして、2ストーリー目はも、夫が寝ている間に義理の息子と鬼セックスするお話。

 

夫が寝た後、私(魚住沙江)は義理の息子の洋一(ミートボール吉野)を寝室に呼び出すのだ。もちろんセックスさせるためである。

enjyohitomi-7

寝室に来た息子のマラを即座にフェラチオし、私のおまんこに息子のマラを入れさせるのだ!!

私は「洋一!洋一!」と息子の名前を連呼しながら、勃起しまくった肉棒をしゃぶりまくる。

enjyohitomi-8

私は息子のマラに、失神するほどのオルガズムを感じ、「いぐぅ!!いぐぅ!」と大声で喘ぎながら痙攣し鬼イキしてしまうのだ!!!夫が隣で寝ているというのに。。。。

enjyohitomi-9

逝ったあとのことは頭の中が真っ白で覚えていない。。。息子は逝ってしまうとすぐに部屋を出ていってしまう。。母と息子の関係だが、息子は「やるだけの女」としか思っていないようだ。義理の息子とはいえ、悲しい気持ちもあるが、やってもらえるだけで満足している。

その他、女脱獄囚とのレズビアンストーリー(日高ゆりあ ・中山水穂)もあります。

ヘンリー塚本監督の性に飢えた女たちの禁断のセックスストーリー集です。



 

■出演女優紹介

uozumi

魚住沙江 (うおずみさえ)

1968年生まれ。出演作品が非常に少ない、おばちゃん系の熟女AV女優。

身長165cm・スリーサイズは、B84(Cカップ)cm W63cm H86cm。

uozumi

痙攣しながらの失神系のオルガズムが特徴です。

 

enjyohitomi-1

http://www.gotporn.com/