円城ひとみ:義理の息子をフェラチオする母。ヘンリー塚本

最終更新日

思春期の息子を持つ夫(日比野達郎)と結婚した妻(円城ひとみ)だったが、義理の息子は母のことを「女」として見ているのだ。

その日、息子は風邪をひいて、学校を休むことに。心配した母はベッドで寝ている義理の息子のところへ行くと、息子はいきなり母の胸を触るのだった。すぐに手をはねのけ拒絶する母。

そして、夫が出勤したあと、何故かしら母は風呂場でおまんこを洗い、また息子のところへ。

すると、さっきは嫌がっていた母は、いきなり義理の息子と接吻の嵐。。。そう、、、この二人はデキているのだった。

母は、息子の肉棒を取り出し、美味しそうにフェラチオしまくるのだった。夫とは夜の営みはあるが、この若い肉棒の方にハマってしまっていたのだ。

義理の母の口の中に熱い精液を発射する息子。息子は若いだけあって射精しても勃起したまま。その肉棒をフェラチオし続ける母であった。。

その日は、フェラチオだけで終わったが、また後日、夫がお風呂に入っている間に、また息子のところへ行き、勉強中の息子をフェラチオで抜いてあげるのだった。。

母は、義理の息子の精液中毒なのだ。息子の精液の味と匂いが大好きなのだ。

そして、その関係は毎日のように続くのだった。息子が学校から帰ってくるなり、母は、息子のちんぽを咥えこみ、口で逝かせるのだった。

その夜は、また夫がお風呂に入っている隙に、今度は息子が母にフェラチオをオネダリ。

母のフェラチオテクニックで一瞬で逝ってしまう息子であった。

そして、風邪を引いていた息子をフェラチオしたせいか、今度は母が風邪で寝込んでしまった。

息子は学校に行くために一度は家を出るも、父が出勤するのを確認するために隠れて見ていたのだった。。

父が出勤したことを確認したあと、すぐに家に帰る息子。

寝込んでいる母に、この前のお返しとばかり、またフェラチオさせる息子だった。そして母のお口に精液を発射し、学校へと向かうのだった。。

そして、とうとうフェラチオだけではない日がやってきた。

昼間にミシン仕事をしている母のところに、いつものように現れた息子。

いつものようにフェラチオをしてもらうのだったが、我慢できなくなった母親はミシン代の上におまんこを広げて座り、息子のちんぽを「入れて。」とおねだりするのだった。

息子はすぐに母のおまんこにちんぽを挿入し、激しくピストン運動をするのだった。とうとう母と息子は禁断の扉を開いてしまったのだ。息子は逝きそうになるのだったが、精液中毒の母は、いつものように口内射精させるのだった。

射精したちんぽをまたフェラチオしまくり、勃起したままのちんぽをまたおまんこの中に入れさせる。。。

息子のちんぽにハマってしまった義母の近親相姦セックスストーリー。

■動画1



■動画2




[/nopc]

 

 

■出演女優プロフィール

円城ひとみ(えんじょうひとみ)

1969年3月25日生まれ。2008年に39歳という年齢で、熟女系女優としてAVデビュー。デビュー当時からFAプロの作品には出演しており、多数のヘンリー塚本作品に出演している。他、人妻系のAVメーカー、ながえスタイルや、溜池ゴロー監督作品にも人妻役や、母親役での出演がある。

熟女系女優さんの中では、ナイスバディーの部類に入りますね!

身長:164cm。スリーサイズ:B86cm(Dカップ)・W63cm・H88cm。

 


あ~中年女-若い男の精液が呑みたい:1 円城ひとみ


あ~中年女-若い男の精液が呑みたい:2 円城ひとみ