ヘンリー塚本:ラーメン屋夫婦の昼休み淫語セックス。桐島秋子(霧島)

最終更新日

繁盛しているラーメン屋を営んでいる夫婦の昼休みに行う淫語飛び交う「昼の営み」ストーリー。

いつもお客さんがいっぱいのラーメン屋で、せかせかと働く嫁(桐島秋子(霧島))と夫(ミートボール吉野)。

お昼の混雑が終わり、夫婦はお昼休憩に入るのだった。

お昼は、夫が作ったまかないを二人で食べるのだったが、今日の夜は、夫の両親が来るらしい。姉さん女房は夜の営みが出来ないということで、お昼からヤリタイと、夫に迫るのだった。

夫が食事中というのに、脇からおっとのちんぽをしゃぶる嫁。夫は食事をしながら、嫁にちんぽを食べられるのだ。

嫁は、「おちんぽ美味しい美味しい。」といやらしい言葉を発しながらフェラチオし続ける。そして、やっと夫は食事を終わらせて、布団へ行き、嫁のおまんこをデザートのように舐めまくるのだった。

おまんこを舐められた嫁は我慢の限界になり、お尻を突き出し、「入れてぇー!」と懇願する。夫は女房の濡れたおまんちょに挿入し、力強く突きあげる。

「おまんちょ、気持い!!!!!」を連発しながら感じまくる嫁。セックスの最中、ずっといやらしい言葉を言い続ける嫁だった。

セックスが終わると、まだ食事をしていない嫁はお昼ご飯を食べ始める。。。

嫁は、食欲より性欲の方が強い様子。一通りの食事が終わると、「あんた、またしよう!」とまた夫のちんぽをしゃぶり始めるのだ。

そして、短い時間での2回戦突入!!一回だけでは満足しない姉さん女房の淫乱セックスストーリーです。



 

■出演女優紹介

桐島秋子(きりしまあきこ)(霧島)

 


ラーメン屋夫婦の午後2時のセックス