ロリな少女が道端で出くわした露出狂の変態。少女は家に帰りその変態を妄想しながらのオナニーで逝きまくる!ヘンリー塚本監督・宮崎ゆみか

最終更新日

ある日、チェックのミニスカ姿のロリな少女(宮崎ゆみか)が道を歩いていると目の前に下半身を露出した変態(幸野賀一)が現れた!露出狂は露出だけではなく、少女の前でペニスをしごき射精までしてしまうのだ。射精した変態はすぐにその場を立ち去るのだったが、少女は道に射精された精液を足で踏みつけすぐに家に帰るのだった。家に帰るなり、少女はパンティーを脱ぎ捨て変態に犯されることを妄想しながらベッドでオナニーに耽るのだった。



後日、少女が恐る恐る道を歩いていると、またあの変態が現れるのだった。ロングコートを着た変態はまた少女の前で下半身を露出させ勃起した肉棒を見せつけるのだった。そしてまた自ら肉棒をしごき少女の前で射精するのだった。2度目の光景でちょっと慣れた少女は男をじっと見ながら唾を飲み込むのだった。そして少女はまた足早に家に帰り、すぐにパンティーと靴下を脱ぎ捨て今度は畳の上でおまんこを激しく擦り、変態男の肉棒を思い出しながらオナニーするのだった。ワンピースを自ら脱ぐとなんとノーブラだった。この少女はオナニー中毒の変態女だったのだ。そんな変態オーラに釣られて変態男も近づいていたのだろう。。友達役でよく出演している宮崎ゆみか主演のヘンリー塚本監督作品。


性の悩み-オナニー狂娘