結城みさ : 痴漢に逝かされた団地妻はその快感が忘れられず。再会した男と激しくファック。夫の不在に自宅で着衣セックス。

 

以前痴漢に遭い、逝かされてしまった団地妻。その男()が自宅を訪ねて来たのだ。

「この間の続きがしたい」その言葉に躊躇しながらも迎え入れる若妻。男は女を壁に追い詰めパンティの中に手を入れる。呼吸が早くなる若妻の手で固くなった肉棒を握らせる男。女を後ろ向きにさせるとその反り立つ肉棒を後ろから挿入。体をのけ反り感じる若妻。ソファに移り騎乗位で激しく奥まで突かれ喘ぎまくるのだ。

そして射精。この気持ちよさの虜になった二人なのだった。

ヘンリー塚本監督作品 結城みさ主演



(ゆうきみさ)

1979年10月1日生まれ
身長 154cm
スリーサイズ 87・59・85(cm) Dカップ

2010年、30歳でAVデビュー。母乳系の作品から多く出演し、熟女系女優として人妻系はもちろんレズ作品にも出演。一気に人気女優となったが、2013年に惜しまれつつ引退。

昭和官能エロ動画

結城みさ 痴漢の竿が忘れられない団地妻 ヘンリー塚本
http://.se