【ヘンリー塚本監督作品】戦時中に捕虜となった女達の悲劇。2008年

最終更新日

horyo (1)

戦時中、戦いに敗れた敗戦国の捕虜となった女達が、性奴隷となった真実をヘンリー塚本監督がナマナマしく映像化した軍隊もの!

男の性欲を満たした瞬間に殺される女捕虜達。。。

また、SMのように縄で縛られ、次から次へと犯され続ける女達。。。

あまり、現実では語られない、エロスの戦争の悲惨さをお届します。

出演は、春矢つばさ(椎名りく) 麻生岬 森野ひな 真島みゆき 桜井真央 他。

椎名りくちゃんが出てますね。

horyo (3)

いまでも従軍慰安婦問題等、戦時中の性は問題になっていますが、日本だけではなく、外国でもいっぱいあったはずです。

負けた国は男も女も悲惨です。。

horyo (2)

戦争とはそうゆうものです。。。。

ちょっとまじめな感じになってしまいましたが、きっとヘンリー塚本監督も、このようなエロス作品で、戦争の悲惨さを伝えていると思います。

人間誰もが変貌してしまう戦争を題材としたヘンリー塚本監督の軍隊ものをご覧ください。

 

■ヘンリー塚本監督の軍隊ものはこちらです。